【バトルドワーフ】ボーナス中の確率や期待値は?実践値から探る攻略法!

ゲーム紹介

3×3のパチスロ風が日本人プレイヤーに人気な、Japan Technicals Games社の『Battle Dwarf』(バトルドワーフ)

三種類のモンスターと、三択のバトルがアツい作品です!

今回は実践サンプルを取得したので、その結果から最適な行動の解を求めていく記事になっています。

果たして検証結果やいかに?


最大RTP(還元率)を出すにはバトル一択!

さてまず最初に結論から言ってしまうと、本作ではバトルにおいて『RUN』(逃げる)を選ぶと理論値が低下し、またバトルを購入(74.4倍)すると同じくRTPが下がる傾向にあります

つまりバトルを購入せずに通常スピンを回し、全バトルで逃げずに勝負を選ぶのが最適解です。

これはゲーム画面のインフォメーションに表記されているので間違いのない結果です。
(虚偽を表記してしまうと、プロバイダとしての信用が落ちてしまいますからね)


ねるこ
ねるこ

本作の”バトルとラン“は、他作品でいうところの”ギャンブルとコレクト“ね。
そして大半のカジノスロットでは、フリースピンに対するコレクトを選ぶとRTPが下がる傾向にあるの。

りっと
りっと

ボーナス購入でRTPが上がる機種(Money Train2など)も存在するけど、本機はその傾向にないみたいだね。

と、結論だけを求めると上記で解決。
とりあえず最適な行動選択を知りたいだけの方は、ここまで読めばオッケーです。


しかし結論だけ放り投げられても、あまり納得のいかない場合もありますよね。

それでは以下で、実践サンプルから傾向と確率を読み解いていきましょう。


モンスター出現率

まずは100回ほどバトルを購入し、各モンスターの出現率を拾ってみましょう。

ゴブリントロールドラゴン
各モンスター出現回数41回31回28回

上記のような結果に。
およそ4割~3割と、そこまで大きな差が見られないですね。

ちなみにボーナス中に引いたバトルで現れるモンスターも、ほぼ上記と変わらない結果に落ち着きました。

モンスターごとのバトル勝率

バトルの勝率に関しても、インフォメーションの円グラフである程度の目安は示されています。

ゴブリン:75% トロール:50% ドラゴン:40% っぽいですよね?

実践値は以下のように。

バトル数勝:敗勝率
44戦34:777.2%
バトル数勝:敗勝率
31戦16:1551.6%
バトル数勝:敗勝率
28戦12:1642.8%

と、このように、おおむね表記されている円グラフと変わりない結果になりました。

これらをすべてならすと、

バトル平均勝率=62%

おそらくゲームシステムとしての、全バトル平均勝率の理論値は60%ほどになるかと思われます。


モンスターごとの配当倍率

以下ではサンプル取得で発生した、払い出し倍率に関するデータを示します。

ゴブリンとのバトル時

最高払い出し倍率x196
最低払い出し倍率x4
平均払い出し倍率(バトル勝利時)x61.5
ゴブリンとバトル時の期待値x47.7

最弱モンスターのゴブリン。
想像通りと言えばそうですが、やはり期待倍率はx47.7とかなり低めに落ち着きました。

勝っても負けても残念なモンスター。
まずはゴブリンの出現率4割を避けるところからスタートする、と言っても過言ではなさそうです。


トロールとのバトル時

最高払い出し倍率x622
最低払い出し倍率x23
平均払い出し倍率(バトル勝利時)148.4
トロールとバトル時の期待値x77.0

続けてはトロール。
出現時点で期待値がx77.0となり、バトル購入のx74.4を上回りました!

しかし検証中にちょっと事故りすぎてx622ものBIG WINをカマしてしまったので、この結果はやや上ブレしている感が否めません。(特に平均払い出し倍率)

理論値は、x74.4ジャスト周辺かな……?


ドラゴンとのバトル時

最高払い出し倍率x499
最低払い出し倍率x91
平均払い出し倍率(バトル勝利時)x205.5
ドラゴンとバトル時の期待値x88.6

最後はドラゴン。
やはりというか、出現時点でx86.6と高水準の値をマーク。

検証中、バトル勝利時には一度も原資割れを起こさず、結果的に平均払い出しがx205.5もありました。

逆に言うと、ドラゴン相手に『逃げ』を選ぶと、この機種ではほぼ勝てないとも考えられますね。


ねるこ
ねるこ

実は数値取得前は、「どのモンスターも期待値は同じ」になると思っていたの。
でも結果はかなり差が生まれたわね。

りっと
りっと

つまりボーナスの払い出しは、初期スピン数に大きく依存するってことかな。
3×3リールで一撃のペイが100倍までしかない機種だから、当然といえばそうかもね。

※ただし上記の100戦のサンプル取得では、ペイアウト(還元率)が最終的に107%も出てしまいました。
よって理論値はこれより幾分か低くなることが推察されます。


全バトルで逃走すると?

試しに100戦、すべてのバトルで逃走を選んでみます。(ボーナス中は強制戦闘のため除外)

ゴブリンからの逃走時

最高払い出し倍率x136
最低払い出し倍率x2
ゴブリンから逃走時の期待値x39.4

今回は出現率(39/110)です。
出現するだけで残念なゴブリンなので、この結果はやや上ブレと言えるでしょう。

逃走時の期待値は、バトル時に比べてx47.7x39.4と大幅ダウン。
(たった3スピン差でも、かなりの割を喰っていますね)


トロールからの逃走時

最高払い出し倍率x376
最低払い出し倍率x8
トロールから逃走時の期待値x71.6

出現率は(40/100)とかなりの上ブレ。ゴブリンよりも多く出現しています。

同条件の『ゴブリン勝利時平均=x61.5』よりも高い水準であるものの、バトル購入値であるx74.4には届かず。

またバトル時の期待値=x77.0よりも低く収まってしまいました。


ドラゴンからの逃走時

最高払い出し倍率x152
最低払い出し倍率x16
ドラゴンから逃走時の期待値x68.4

ドラゴンだけは逃走を選んでいる人も結構居るのでは?

今回の結果だけ切り取ってみると、発狂必至のデータです……。

今回の出現率は(21/100)とやや低めをマーク。

流石に大きな下ブレと信じたいですが、なんとトロールよりも期待値が低いという恐ろしい結果に

バトルを挑んだ時のx88.6をかなり下回る、x68.4という寂しい数値になってしまいました。


ねるこ
ねるこ

今回の機械割(RTP)は78.0%とかなりの下ブレだったので、実際の理論値はもう少し高め。

りっと
りっと

とはいえ同じ100回のボーナスでこれだけ差が生まれると、やっぱり逃走を選ぶのはマイナスな気がしてならないな。


バトルドワーフの攻略法まとめ

バトルドワーフの勝ち筋
  • バトルはすべて勝負を挑む
  • ボーナス購入は控えるが吉
  • ドラゴン>トロール>ゴブリンの順で出現時の期待値が変わる
りっと
りっと

ドラゴン勝利時の期待値がメチャクチャ高いね、この機種。
アベレージでx200近い数値なんて、他のスロットだと滅多に見ないよ。

ねるこ
ねるこ

裏を返すと、「ドラゴンが出た時だけはなんとしても勝負を挑め」って捉えられるわね。
リスクを取らないと、BIG WINからは縁遠いと思うわ。