マーチンゲール法とは?特徴、メリット・デメリットも解説

ベット戦略

ベッティングシステム(ベッティングストラテジー)のひとつ、マーチンゲール法
主にカジノ遊戯で用いられるこの手法について解説するページになっています。

りっと
りっと

私でも名前を聞いたことある、有名なヤツだな。
倍々にしていくんだっけ?

ねるこ
ねるこ

その通り。
ただし実戦では使い物にならない、欠陥システムであることも前もって伝えておくわ。

はじめに結論から言うと、マーチンゲール法が役に立つ場面は皆無です

カジノディーラーがこの手法を使われると、生暖かい目になるそうな。

よってこの記事は、単に知識として流し読みすることを推奨します。

マーチンゲール法のストラテジー

概略
  • 勝利時はシステムをリセットする
  • 敗北時は前回の掛け金を倍にする

これは非常に単純明快なシステムで、上記の文言だけで察しの良い方は理解可能でしょう。

単純に上記を繰り返すのみのロジックとなります。

マーチンゲール法が向いているゲーム

向いているゲーム
  • ルーレット
  • バカラ

ベットを倍々に上げていく特性上、勝敗がおおむね1/2のゲームが好ましいです。
ルーレットの赤黒などがこれにあたります。

0・00の存在があるため、厳密には勝率50%を切ります。
バカラもシューターの残カードで偏りが出るため、これも勝率1/2になりません。

またブラックジャックでは親・子の手札で状況が変動するため、この手法はかなり不向きと言えるでしょう。

マーチンゲール法のメリット

メリット
  • ロジックが簡略で、暗算さえ出来れば道具を必要としない
  • 何連敗しようとも、一度の勝利で損失分を補填できる
りっと
りっと

かけ算が出来ればオッケーなのは手軽だね。

ねるこ
ねるこ

とはいえ、とりたててメリットはこれぐらいしかないの。

マーチンゲール法のデメリット

デメリット
  • 連敗で雪だるま式にベット額が膨れ上がる
  • 敗北時の損失が大きく、心理的に損切りし辛い

以下は、$1からスタートした時の、連敗時必要ベット金額です。

1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回
$1$2$4$8$16$32$64$128$256$512
11回12回13回14回15回
$1,024$2,048$4,096$8,192$16,384

15連敗時、なんと一万ドルを超えるベット金額が必要になってしまうのです。
お手軽な1ドルから始めたつもりなのに。まさにどうしてこうなった状態。

りっと
りっと

50%を15連続でハズす?あはは、そんなの天文学的数値でしょ。

ねるこ
ねるこ

そうかしら?
では、以下をごらんなさい。

試行回数連続確率(%)連続確率(1/○)
1501/2
2251/4
312.51/8
46.251/16
53.1251/32
61.56251/64
70.781251/128
80.3906251/256
90.19531251/512
100.097656251/1024

上記は50%が連続する確率を表したもの。(厳密には勝率50%を切るので、更に確率は底上げされます)

マーチンゲールシステムの1024回に1回は、10連敗が起こり得る確率であることを示していますね。

仮にスタート金額が$5や$10であったら、更にベット額は加速します。

しかも敗北の逆を豪運10連続で引き続けても、たったの10ドルしか勝ち分は積みあがりません。
システム起動時に最低額しか張れない特性上、連勝してもリターンの旨味が少なすぎる問題もあるのです。


りっと
りっと

いやいや、1024回もルーレットやらないから大丈夫だって。

ねるこ
ねるこ

確率っていうのはそんな気安く測れるものじゃないわ。
1回目で起こるかもしれないし、2回目も起こるかもしれない。

膨大な勝負の行く末を見てきたカジノディーラーの方に実際に聞くと、

「10連敗なんてザラにある。見飽きるほどにね」

とのことです。

そういう場面に直面すると人は、イカサマを騒ぎ、神を呪い、そして絶望するのだとか。


りっと
りっと

確かに裏目の連続で、頭がフットーしそうだよぉっ、はあるある。

ねるこ
ねるこ

マーチンゲール法は一度の勝利で全額の負債をひっくり返せるぶん、リスクの上昇速度がケタ違いなの。

ねるこ
ねるこ

また実際には、テーブルリミットで多額のベットは禁じられるわ。
つまりある一定数連敗してしまうと、その時点でシステムは破綻してしまうのよ。

まとめ:マーチンゲール法は勝てない

マーチンゲール法まとめ
  • 連勝時の旨味が微々たるもの
  • 連敗時のリスク比が加速度的に上がる
  • テーブルリミットでシステム強制終了
  • マーチンゲール法の使用は、破滅への階段の一歩目
ねるこ
ねるこ

これでも使う?マーチンゲール。

りっと
りっと

ほかのシステムも教えてよぉ……!


逆マーチンゲール法という、当システムをひっくり返したベッティングシステムも存在します。